うちって相続税かかるの?
案内久保田.jpg

 相続税はすべての人にかかるわけではありません。亡くなった方がお持ちの財産が、下記金額以下であれば、相続税はかかりません。


・相続人が2人・・・財産が4200万円
・相続人が3人・・・財産が4800万円
・相続人が4人・・・財産が5400万円

 財産とは自宅、現預金等だけでなく、株や投資信託、貸付金、絵画、車、ゴルフ会員権その他価値のあるものすべてが入ります。逆に借入金などはマイナスして計算します。漏れがないように気をつけなければいけません。

 

 平成30年の実績ですが、日本全国で相続税の課税対象になった人は11.6万人で、亡くなった方に対する割合は8.5%東京国税局管轄(東京、神奈川、千葉、山梨)だけですと13.6%(約7.3人に1人)となっています。公開はされていませんが、東京都内だけに限るとさらに率は上がるはずです。

 

 ただ、ご自宅に相続税がかかるのは残された方の生活を考えると酷なので、一定の条件のもとで自宅土地の評価額を最大8割減額できる制度があります。
 これを小規模宅地の評価減といいますが、財産額が上記金額を超えても小規模宅地の評価減制度を活用することで納税をゼロにできるケースがかなりあります。

 この制度を利用するには亡くなってから10カ月以内に申告する必要があります。また条件が複雑で専門的な話になりますので、ご自身のケースが対象になるかどうかは専門家に確認したほうがいいと思います。
 

​関連の特集