相続手続きを楽にしてくれる制度
%25E7%259F%25A2%25E9%2583%25A8%25E7%25A5

 相続の手続きは、気持ちも落ち着かないままにやってきます。財産の確認や、親族と協議して、さらに手間、負担がかかってきます。2017年5月から開始した法定相続情報証明制度は、簡単にいうと「相続手続き」を楽にしてくれる制度です。準備を考えなくては、という方、ぜひ覚えておいてください。

 「相続手続き」というと、戸籍集めから始まります。
相続人が子どもになるか、親になるか、兄弟になるかによって、取得する戸籍の内容は変わってきますが、これを市役所などへ請求したり、やりとりをしているうちに、心が折れてしまう方が多数です。
 ケースによっては、この戸籍一式が数十通に及ぶことも稀ではありません。
そして、何をやるにも、このたくさんの戸籍を出せと一般的には言われてしまいます。不動産の名義変更、銀行預金の名義変更や払出手続き、証券会社の名義変更、車の名義変更、ゴルフ会員権の変更・・・何をやるにしても言われます。

そんなやりとりを楽にしてくれるのが、法定相続情報です。
1度は、相続人が確定する戸籍を全て取り寄せる必要がありますが、この戸籍一式と相続人関係図を法務局へ提出すれば、法務局がこの相続人関係図にお墨付きを与えてくれ、その後は、法定相続情報ペラ1枚を出せば、戸籍の代わりになるのです。

 そして、この制度、何と発行手数料無料、そして何通でもとれる行政のサービスです。つまり、相続手続きの提出箇所が多い方は、1度はこの戸籍一式を集める必要はありますが、法定相続情報を複数枚発行してもらえば、分厚い戸籍の束を出すことなく、ペラ1枚で、相続手続きができるという制度です。
 

 預金の手続きなどでも、戸籍を還付してもらう必要がないので、手続きの時間短縮にも好都合です。相続手続きでいやになってしまったことのある方には、銀行窓口でかなり待たされたり、戸籍が一部足りないと言われて、いやになってしまったという方がいるかもしれません。

 相続手続きをする箇所が1箇所という方は、やる意味はあまりないかもしれませんが、複数の金融機関に預金口座をもっていたり、不動産も全く別の場所にもっていたり、手続きが多いという方は、まず法定相続情報を取得することをお勧めします。こちらは、ご自身でもできますが、ミスのない法定相続情報を取得するために司法書士や行政書士へ依頼することをお勧めします。

​関連の特集

ご利用時間

10:00am-21:00pm

詳細はこちら

  • LongLifePlanメンバーの気になること
  • Long Life Plan 最新情報

合同会社Looops