法務局での遺言書保管サービス
%25E7%259F%25A2%25E9%2583%25A8%25E7%25A5

 法務局で、自筆の遺言書を保管するサービスが、2020年7月10日から始まります。この仕組みで、せっかく考え抜いた遺言書の紛失を防ぐことができます。人によっては、自分が死ぬまでは秘密にしておきたいということもあるでしょう。
 この仕組みは受け取る側にとっても、遺言の本人が亡くなった後、検認という家庭裁判所での手続きが省けるので、素晴らしい制度です。

 届け先は、どの法務局でも良いわけではなく、遺言者の①住所地か②本籍地か③所有する不動産の所在地を管轄する法務局となります。

ただし、管轄自体が、不動産登記の管轄とは異なり、
東京で遺言書保管サービスを取り扱ってくれる法務局は5箇所
東京法務局・東京法務局板橋出張所・東京法務局八王子支局・東京法務局府中支局・東京法務局西多摩支局)の5箇所になります。

 

例えば、
①不動産管轄が中野区の方は・・・・東京法務局板橋出張所の取扱い。(他にも、豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区が対象です。)

②不動産管轄が目黒区の方は・・・・東京法務局(九段下)の取扱い。(他にも、板橋出張所の管轄を除く東京17区、他大島町等です。)

となっております。まずは管轄をよく確認しましょう!

 また手続きにあたり事前に、下記サイトから予約するか、お電話で予約することが必要になります。
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/content/001318973.pdf

サイトを見ると、日付を選び、時間帯を選ぶ形式です。(9時から1時間おきに予約でき、最終が16時の予約になります。また12時の予約は法務局によりお昼時間のため、選べない法務局もあります。)

埋まっている時間帯もありますので、ご確認してみてください。
 

​関連の特集